メリットとデメリット

メリットとデメリット 最近樹木葬に興味を持っておられる方が増えています。
そこで樹木葬にはどのようなメリットがあり、することによって発生するデメリットがどのようなことなのかを正しく知識で知っておくことが大切です。

メリットとしては、個人墓と違って家族への墓地継承が必要ないということがあげられます。
自然に還るという故人の遺志を尊重して家族に余計な負担をかけたくないという人が増えています。
納骨ができれば樹木葬のような形態でも自然回帰・エコの考え方には適しています。
墓石県立に比べて費用がかからないということも家族に負担をかけたくない人には取り入れやすいことがあげられます。
生前に同じことをしようとした人との縁を深めることができるといったいい面もあるのです。

デメリットとしては、保守的な親族から反対の声が出ることが考えられます。骨壺で納めるタイプでないと一度埋葬したらとりだすことはできません。郊外の樹木葬の場合納骨をしたりお参りに行く際に不便だという事があげられます。"

樹木葬をする場合の墓石のデザインについて

樹木葬をする場合の墓石のデザインについて 樹木葬というと永代供養なので墓石などがないイメージですが墓石もあって、夫婦などで一緒に納骨もできます。
通常のもののように立体的なものではなく、石板みたいなものもあります。
その石板に好きな絵や文字を入れられます。大きさが限られている
ので、凝ったものは難しい場合がありますが自由度は高いです。
好きだったものやメッセージなど、決まりはほとんどありません。
樹木葬は石板を見れば生前好きだったものが一目で分かり、どこに眠っているか分かるのでお参りもしやすいです。
デザインは石板に掘って作ります。場合によっては絵に色も付けられるのでカラフルにもできます。
職人が一つ一つ手作業で作っていたりするので、細かい要望にも応えてくれます。
彫刻前には、デジタルデータで修正や配色、文字などのバランスなどを見ながら仕上げていきます。
イメージに近いものになるように、依頼するときは原稿内容を一緒に調節していきます。あまり細かい絵だとできないこともあります。