合同で埋葬する樹木葬

合同で埋葬する樹木葬 樹木葬は、通常の墓所のように墓石を使用せず、樹木をシンボルとするのが特徴の葬儀方法です。墓石工事代などが必要なく、基本的に永代供養となるため、シンプルな埋葬方式を希望する人を中心に需要が高まっています。
樹木葬にはいくつかの方式があり、合同タイプと個別タイプに分かれます。合同タイプの中でも、骨壺から遺骨を取り出して、他の人の遺骨と一緒に埋葬するのが合祀タイプです。他の人の遺骨とひとまとめに埋葬される合祀タイプは、長い年月の後に土へ還っていくのが特徴です。費用は最も安価で、一般的に永代供養の合祀墓や合葬墓と同じような形になります。遺骨が他人のものと混ざるのに抵抗がある場合は、大きな埋葬スペースに骨壺や骨袋に入った遺骨を一緒に埋葬するタイプも利用できます。埋葬スペースには他の人の遺骨も入っていますが、合祀タイプと違って遺骨が混ざりません。後から個別に埋葬したいと考えた場合、遺骨を取り出すこともできます。

シンボルツリーの選び方について

シンボルツリーの選び方について 樹木葬では、墓石が立ち並ぶ墓所とは違い、墓石の代わりに樹木をシンボルとして使用するのが特徴です。シンボルとして一本の木を植える方式が一般的なイメージですが、区画に好きな草木や花で小さな庭園を造るガーデニング方式も存在します。
樹木葬で用いられるシンボルツリーは、様々な種類が存在しています。自由に好きな木を選べる場所もありますが、霊園によっては募集を行う際に種類が決められていることもあるので注意しましょう。桜やハナミズキなど、花を咲かせる背の低い木が人気ですが、モミジやポプラのような緑が美しい木を選ぶことができます。樹木葬を行っている霊園や墓地は、大きく分けると里山型と公園・都市型があります。敷地の広い里山型でシンボルツリーを選ぶ時は、広大な土地に植えることをイメージして選ぶ必要があります。想像していたよりも小さく感じられたり、周囲の環境から浮いてしまうこともあるので、樹木の種類は霊園と実物の樹木を自分の目で確認して選択しましょう。