個別で埋葬する方式の樹木葬

個別で埋葬する方式の樹木葬 樹木葬の方式でも、個別タイプは埋葬スペースを一人ひとり、または夫婦や家族など近しい人と一緒に利用できるのが特徴です。
他の埋葬方式の場合、遺骨自体を他の人のものと一緒にしてしまったり、遺骨自体は分けられていても埋葬スペースが同じだったりしますが、個別タイプの場合は完全に分けることができます。
スペースにいくつまで遺骨を埋葬できるかは、霊園や墓地によって異なります。
基本的に無宗教で自由度の高い樹木葬は、長年一緒に暮らしてきたペットの遺骨も同じスペースに埋葬できる霊園も少なくありません。
一般的にイメージされる樹木葬は、シンボルツリーを墓石の代わりとするものですが、他にも区画を埋葬スペースとし、そこに自由に樹木や花木を植えられるガーデニングタイプもあります。
デメリットとしては、他のタイプと比べて広い敷地を必要とするため、樹木葬を行っている全ての霊園・墓地で実施しているわけではありません。
また、保全費用やシンボルツリー代など、費用は他のタイプに比べて高い一面もあります。

樹木葬の方式は区画分離形式のリーズナブルなタイプが主流

樹木葬の方式は区画分離形式のリーズナブルなタイプが主流 広い区画に立派なお墓を用意して先祖代々の供養の場としているという方式がこれまでの主流ですが、墓地の用地不足や価格の高騰、少子化や核家族化などによる「守り受け継ぐ人」の減少などによって従来のお墓の形ではない、新しい埋葬方法を検討するという人がとても増えてきています。
樹木葬もその1つで、リーズナブルな費用や環境の良さなどから支持を広げています。
一般的な墓地を購入して墓石を建てる事となった場合には、土地の購入費用なども含めてかなりの負担金額が想定されますが、樹木葬の場合は取り扱っている墓苑によっては10万円前後の費用負担で埋葬が可能である例も見られるなど、低価格化がとても大きな魅力です。
広々とした土地をある程度の区画にわけて、故人のお名前を記載したプレートを設置するというシンプルでスマートな方式は、現代の価値観にもマッチしています。
生前の購入も可能である場合も多いので、事前見学で樹木葬の良さを実感して決断される方も少なくありません。
この機会に樹木葬をご検討してみてはいかがでしょうか。