公園に埋葬するパターンの樹木葬

公園に埋葬するパターンの樹木葬 都市部などで人口が多く墓地不足が騒がれている中、人気が出ている樹木葬というのはご存じでしょうか。
民間や自治体により増え始めてきてはいますが、まだまだ歴史の浅い供養スタイルで、最近じわじわと認知されつつあります。
初めて樹木葬を行ったのは1999年で、里山の緑化計画として岩手県の栗駒山の山の麓に埋葬されたのが始まりと言われています。
墓石工事代がかからず狭いスペースで埋葬できること、購入後の維持費もかからないことなどから一般的なお墓と比べるとその費用は安価です。
各地で広がりをみせる樹木葬は、1本の低木のシンボルツリーをご遺骨のそばに墓標としてたてます。
お寺やメモリアルパークの一画にスペースが設けられるケースがほとんどで公園のような敷地に埋葬されます。
スペースの周りをバラや色とりどりの花々で彩られた洋風タイプのものや、苔や敷石がほどこされた和風タイプのものまであり、話題を集めた昨今、募集をかけると申し込みが殺到し高倍率となっています。

樹木葬がおこなえる公園墓地のアクセスとは

樹木葬がおこなえる公園墓地のアクセスとは 樹木葬が可能である公園墓地が増えています。
眺望の良いところが多く、国定公園内にある場合もあります。
ただ、眺めの良い場所というのは、必ずしもアクセスがいい場所ではないケースが多いです。
駅から遠く、タクシーを使わなくてはならないケースも少なくありません。
車がないと不便という場所は多いでしょう。
しかし、樹木葬を市街地のアクセスの良い墓地でおこなうよりも、むしろ遠くて交通の便が良くなく、人があまり訪れないような墓地のほうを選びたいという人はかなりいます。
もともと樹木葬を望む人には、遺族からの墓参りをそれほど願ってはいないことが多く、遺族にとっての交通の便というのは、あまり問題にはならないこともあるようです。
それよりも、たとえその墓地の運営状況がどうなろうと、その地が墓地のまま、もしくは放置されて自然のままにあるようなところが望ましく感じる傾向があるようです。
そのため、交通の便が良くない墓地でも、樹木葬の需要は高いと見られます。