よくある失敗を学ぶ

よくある失敗を学ぶ 樹木葬の選び方を知るためには、よくある失敗例を学ばなければなりません。
一般的に樹木葬は自然豊かな場所にありますので、利便性や立地条件などまで考慮しないことが多いのですが、実際に契約を結んでからその不便さに気付いて困ってしまうことがあります。
最近では駐車場が用意されていることや駅から近いことをアピールするケースも増えていますが、やはり立地はとても重要なポイントです。
費用に関しても、細かく見ておく必要があります。
樹木葬かかる費用は墓地使用料だけでなく、年間管理料や法要の際のお布施など実に様々な費用がかかります。
このあたりを考慮せずに墓地使用料だけを見ていると、将来的に負担を感じるかもしれません。
他には管理状況についてもしっかりチェックしないと失敗する可能性があります。
ホームページなどに掲載されているコンセプトは素晴らしくて、その内容に共感できても、実際の管理については疑問を感じてしまうケースが多々あります。

樹木葬にして後になって後悔してしまう原因とは

樹木葬にして後になって後悔してしまう原因とは 故人の遺骨を樹木葬で埋葬して後悔してしまう原因の1つに、埋葬した場所の交通アクセスが良くなくて遺族が参拝するのが大変ということが挙げられます。
樹木葬の墓地となる場所は、故人の遺骨は自然の状態に還りたいという要望に応えるために山奥の秘境に設けられている場合が少なくありません。
ですので亡くなってから遺族が故人の遺骨が埋葬されている樹木を参拝しに行くことを考慮して、ある程度遺族が参拝しやすい場所に墓地があるところを選ぶことが必要です。

また故人の遺骨を粉状にして樹木の近くに撒くスタイルの樹木葬の場合は後になって、やっぱり墓石に納骨したいと思って遺骨を取り出そうとしても出来なくて後悔してしまう原因になってしまう可能性があります。
遺骨が形を失ってしまうことによって親族との間でトラブルが発生しないように、前もって了承を得ておくことが必要です。
そして樹木葬は、まだ新しい埋葬方法ですので親族の理解を得られない場合もあるので注意する必要があります。