自然葬の一つである樹木葬

自然葬の一つである樹木葬 海や山林など自然が豊かな場所に、遺骨や遺灰を撒くことで自然に還すのが自然葬のスタイルです。いくつかの種類があるのも自然葬であり、樹木葬もそのうちの一つになります。墓碑をシンボルツリーをして、収骨をしたり散骨を行うのが樹木葬です。区域として墓地として認められたエリアに、不特定多数の納骨を共同の墓地という形で引き受けることもあります。緑豊かな山の中の木の根元部分に、粉砕を済ませた骨を撒くなど、やり方も様々です。
従来のような墓碑は石を採用するわけではなく、木を利用してそれを墓碑に見立てます。時間と共に遺骨は徐々に自然へと還ることができますし、大地に還ることで生物たちの生育のためにもなると言うのも特徴です。自分が亡くなった後お墓を世話する遺族がいない人や、高額になりがちな墓地を購入できない人にも選ばれている手段です。草木に囲まれた中でのお墓になるので、本人が好きな木々や花々を咲かせて、その根元を永遠の眠りの場所とすることができます。

樹木葬と自然葬の比較、二つの違いはどこか

樹木葬と自然葬の比較、二つの違いはどこか 樹木葬という言葉は近年よく耳にします。樹木葬は樹木を墓標に見立て埋葬する方法で、誰でも気軽に訪れることができ、公園型のことが多いです。公園型になると樹木の種類も選べることが多く、生前から自分の好みのものを選んでおくことができます。さらに管理なども管理団体が行うことが多いので、余計な手間などがかかりません。
一方の自然葬は、樹木葬の他に散骨が含まれてきます。散骨は自分の好きな場所に勝手にお骨をまくことはできません。海の場合であれば専用に扱っている業者にお願いする方法が良く、お骨自体をパウダー状にしたり、どの海域で行うのか海域の選択もしてくれるので、こちらも手間はさほどかかってきません。ですが、この2つを比較してみると費用の面で若干違いが出てきます。
どちらかというと樹木葬の方が費用は高めです。散骨の場合は海などにまいてしまえば終わり、ということが多いですが、樹の場合はそれからの手入れの費用がかかってくることがあるのです。長い目で見ると費用に差が出てくるので、最初の費用に惑わされないようにすることが大切になってきます。